YouTubeはこちら

ベトナム移住(ロングステイ)条件は都会?地方都市?田舎?後悔しないための考察

当ページのリンクには広告が含まれています。
ベトナム移住(ロングステイ)条件は都会?地方都市?田舎?後悔しないための考察

私はベトナムのホーチミンと地方都市のベンチェを行ったりきたりの生活をしていたことがあった。

ベンチェと比べるとホーチミンは都会。

ホーチミンにはイオン、コンビニ、マクドナルド、すき家、丸亀製麺などの日本食レストランが揃っている。

ホーチミンに住んでいれば、日本で生活しているような感じで何でも揃っている。

しかし、不便だと感じるところもあった。

都会に人が集中しているため、通勤ラッシュ時などはバイクがこれでもかと走っている。

渋滞に巻き込まれるとなかなかバイクが進まない。

本当に身動きがとれない。

ストレスの原因になる。

一方、地方都市のベンチェは、バイクが走っていることは走っているのだけれど、ホーチミンのような渋滞はない。

空いている道路で快適にバイクを走らせることができる。

これは日本の都会、地方都市、田舎でも交通事情の差があるように、ベトナムでも住む場所によってメリット、デメリットがある。

今回は、ベトナム移住について、どこに住んだ方がいいのか? ベトナム生活の経験を踏まえて私の考えを話してみたい。

目次

ベトナムの交通状況について

都会のホーチミンの場合

デメリットは時間帯によって壮絶な渋滞に巻き込まれる。

また、たびたび交通事故を見かける時があり、運転するのも乗るのも気をつけなければいけないと感じた。

補足として、ホーチミンでベトナム人妻が運転するバイクの後部座席に乗っていた時、私の足にバイクやタクシーがぶつかったことが何度もあった。

実際に車に轢かれそうになった時のYouTube動画はこちら。

私は車の運転をするのだけれど、ホーチミンの渋滞で車の運転はストレスになりそうだと感じた。

バイクの大群にぶつからないように車の運転するは大変そう。

ただし、メリットとしてタクシーやバイクタクシーがいっぱいいるので、移動手段としてとても便利。

地方都市のベンチェの場合

メリットは

交通渋滞がホーチミンと比べてない。

快適にバイクに乗車することができた。

補足として、久しぶりにバイク運転したこともあったけど、空いていて気持ち良かった。

実際にベンチェの夕方の通勤ラッシュの時間帯に歩いてみたYouTube動画はこちら。

ベンチェだったら車のドライブをしてみたいと思った。

ただ、デメリットとしてベンチェの地方都市中心部をバイクで移動する分には快適だったが、少し田舎の方に行くと道が狭かったりするので、車だと通れないところもあった。

実際にベンチェの田舎道をバイクで走っているモトブログYouTube動画はこちら。

ちなみに妻の実家の家付近の道路は非常に細く車で侵入するのは不可能。

ベトナムの物価について

都会のホーチミンの場合

日本と比べると物価は安い。

デメリットとして、ホーチミンは大都会なのでベトナムの地方都市と比べると物価は高い。

メリットは、都会なので仕事が見つけやすい。

日本人が働く場合、地方都市よりもハノイやホーチミンの都会に就職先が見つけやすい。

地方都市のベンチェの場合

メリットとして、ホーチミンの物価と比べるとベンチェの物価の方が安い。

ベンチェの田舎の方では豚肉が5kg500円で売られていた。

デメリットは日本人がベトナムの地方都市で仕事を探すのは難しいこと。

住む場所問わず、仕事をすることができる環境下にいる在宅ワークなどでない限り、大変かもしれない。

ベトナムの賃貸物件について

都会のホーチミンの場合

日本人向けのサービスアパートは最低5万円以上の賃貸らしい。

日本人向けのアパートを仲介してくれる日系の不動産会社はベトナムに多数あるので、気になる方はネットで探してみるのもいいかも。

ベトナム人妻が借りたビンタイン区で家賃13000円ほどの物件があった。

実際に私も住んでみた感想は、部屋の上の方に穴がたくさんあいているため、そこから蚊やゴキブリが進入してくる。

おまけにムカデもでてくる。部屋が小さかった。

日本人がホーチミンで快適な家を借りる場合、それなりの額の家賃がかかると思っていいかも。

家賃13000円のホーチミンアパートのルームツアーをしているYouTube動画はこちら。

地方都市のベンチェの場合

ホーチミンと比べると賃貸物件は安い。

ホーチミンの家賃13000円以下でも十分、良物件を探すことができた。

また、妻の親戚がベンチェに密集しているため、何かと助けてもらえた。

ベンチェのアパートのルームツアーをしているYouTube動画はこちら。

ベトナムのお店の店員について

都会のホーチミンの場合

ベトナムのお店の店員は愛想がないと一般的に言われている。

お店によっては愛想の良い店員がいた。

地方都市のベンチェの場合

ホーチミンと比べるととても愛想が良い店員が多かった。

日本で例えるならば、隣近所に誰が住んでるか分からない東京。隣近所みんな知り合い、友達の田舎みたいな違いがあるのかもしれない。

ベンチェの店員は笑顔で対応してくれる方が多かった。
※ただし、買い物はいつも妻といっしょだったので、ひとりで買い物した場合、私に対して無愛想だったかもしれない(笑)

結論

地方都市のベンチェではイオン、コンビニ、マクドナルド、すき家、丸亀製麺などの日本食レストランはない。

ただし、たこ焼き、たい焼き、ロッテリア、ピザを売っているお店をベンチェでも見かけた。

イオンやコンビニがなくても生活に支障がでるわけではない。

正直、ホーチミンに固執する必要はあまりないのかなと感じた。

また、数年後、地方都市のベンチェにもイオンやコンビニ、日本食レストランができると予想。

上記を踏まえ、ベトナムの地方都市であるベンチェに目を向けるのもあり。

結論として、私の中でベトナムの地方都市は熱い。

ベトナム移住(ロングステイ)条件は都会?地方都市?田舎?後悔しないための考察

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次