YouTubeはこちら

石川パパンのプロフィール

書いていたブログがアルファポリス主催 第9回エッセイ、ブログ大賞候補に残る。

私小説『Ishikawa Family国際結婚物語』が【カクヨム運営の公式レビュー】「聞こえますか、このメッセージ」4選に選ばれる。

目次

書くことについて

過去、原因不明の高熱にうなされ寝込んでいた時期があった。ぼーとした頭で天井を見つめながら、

「このまま死んでしまうんじゃないか、自分の人生って何だったんだろうな」

と思うようになった。

寝すぎで眠れないのでパソコンの電源をつけインターネットでいろんなホームページ巡りをしていた。

みんな何かしら文章ようなものを書いていて、当時の自分にとっては、生きている証をインターネット上に残しているように思えた。

「このまま長く生きられないのならば、インターネット上に何かしら自分も残そうかな」

今まで文章を書いたことなんてほとんどないし、本を読むのが好きだというわけでもなかった。

それでも、体調が良くなりはじめるにつれ、インターネット上に生きている証を残したい気持ちが強くなっていった。

生きているうちに自分の生き方を文章にしていこうと決めたのが25歳の時だった。

やろうと決めたら即行動! 某メールマガジンスタンドに発行者登録をし、毎日、メルマガ発行をした。

それは今にして思えば無謀な挑戦であった。

文章の基本ができてなかろうと毎日、書き続け、メルマガを発行した。

メルマガ読者から「句読点の打ち方が違う」と指摘された。それでもめげずにメルマガを発行し続けた。

次第にメルマガ読者から文章の誤字脱字の指摘ではなく、感想が送られるようになった。

その時、人は誰かの文章を読んで感じる、反応するんだと思った。

父親に文章を見せるとこんなことを言われた。

「内容はいいが文章の基本ができていない。でも、基本なんて後からついてくる。とにかく書きまくれ!」

創作ではなく、自分の体験したことを文章にしてインターネット上で発表していくうちに、自分が何をしようとしているのか、それを文章にすることにより、己のモチベーションを上げていくのだと感じるようになった。

毎日書きはじめてから1年が過ぎた頃、母親が私に言った。

「あんた、こんなに書いているんだったら、なんかの賞にだしちゃえばいいんじゃない?」
「賞なんて何だかよく分からないよ」
「あんた、これなんてどう?」

母親に言われるまま、自分はその賞に文章を送ると、出版社から「あなたの作品が優秀賞を受賞しました」と連絡があった。

しかし、文章の知識もないまま独学で書いている自分が、本当に正しい文章を書いているのだろうか。

不安だった。

月日は流れ、私は40代になった。

今も不安な気持ちで文章を書いている。

私小説『Ishikawa Family国際結婚物語』をカクヨム、小説家になろう、noteで連載中。

国際結婚について

ベトナム人女性と国際結婚している。

妻は日本で介護初任者研修の資格を取得し、介護業界で正社員として働いている。

子育てについて

ベトナム生まれ、日本育ちの娘がいる。

子育てについてのブログ記事も書いている。

動画投稿について

YouTubeに動画投稿をしている。

動画投稿歴は6年。

現在は主にGoogle Pixel 7 Proで動画撮影、動画編集を行っている。

Ishikawa Family 耳掃除・国際結婚(チャンネル登録者数1万人)

外国人妻と娘と私小説風日常 – papanVlog(チャンネル登録者数1000人以下)

Mai Channel まいちゃんねる(チャンネル登録者数1000人以下)

当ブログ記事に貼りつけられているYouTube動画は、全て私が運営しているYouTubeチャンネルからのものを使用している。

ブログについて

無料ブログも含めるとブログ歴はYouTubeの動画投稿歴よりも長い。

テキストサイトやメルマガ発行時代も含めるとさらに長い。

好きなように自由にブログを書くのが私のモットー。

ちなみに当ブログは4回目の審査でGoogle アドセンスに合格した。

各SNSについて

Twitter、Instagram、TikTokをやっている。

石川パパン@外国人妻(Twitter)(Instagram)(TikTok

Ishikawa Family(Twitter)(Instagram)(TikTok

目次