YouTubeはこちら

文章を書くのが苦手だった筆者が私小説を書くきっかけになった話

当ページのリンクには広告が含まれています。
文章を書くのが苦手だった筆者が私小説を書くきっかけになった話

もうすでにホームページがなくなっていたり、更新自体されていないのもあるのだけれど、東南アジアのタイを舞台に日本人男性がバックパッカーしているテキストサイトがあった。

長期に渡りタイを旅したり、ロングステイのような滞在する内容だ。

現地のタイの人々や文化を筆者の視点で赤裸々に語られていて物語形式で進んでいく。

筆者とタイ人女性との恋愛もあって、当時、国際結婚というものに関心のあった私は一気に読み進めた。

事実は小説より奇なり!

小説では読むことのできないリアルが筆者の文章の中にあった。

私がブログで妻との恋愛を物語型式で書いていたことがあったのは、決して有名作家ではない彼らの影響が少なからずあったのかもしれない。

外国人女性だからと言って、全員が純粋なわけではない。

女性に限らず、男性も含めて、ずる賢い一面もある。

日本人だって良い人間もいれば悪い人間もいる。

きれいごとだけではないタイ人女性への本音が描かれていた。

そこには妙な真実味や説得力があり、この人の話は信用できるとなった。

例えば、タイ人の彼女ができて喜んでいた日本人男性がいたのだけれど、違う男の家に行って浮気をしているを知り、タイ人彼女と大喧嘩し別れたとか。

石川パパン

よく国際結婚は素晴らしい、幸せになれるよみたいに良いことしか言わない人もいますが、国際結婚にしろ、日本人同士の結婚にしろ、結局のところ他人同士の結婚なので、いろいろなことがあるんですよ。

とある国際結婚相談所の運営者のブログの読者だった私の備忘録

とある国際結婚相談所の運営者がブログを書いていた。

結婚相談所を利用する男性が相手女性とお見合いし、デートを重ねるのだけれど、運営者視点で描かれていた。

もうね、あの2人はうまくいかない予感がしたとか、もしかしたらあの女性は結婚相手としてふさわしくないのかもと嫌な予感がした等、物語型式の本音を赤裸々に書いていて、いち読者として痛快だった。

ただし、日本人男性は結婚相談所でお金を支払って登録しているわけで、まさか運営者に自分のことが書かれるとは思わなかった方もいただろう

特に金銭目的やプレゼント目的の女性に関しても痛快なほどバッサリ切り捨てる感じで書いていて面白かった。

その運営者は本音でしか書いていなかったのもあり、相談所を利用した男性のデート後の成婚率は決して高くないようだった。

でも、裏を返せば成婚率や成婚料欲しさにやっておらず、良き結婚パートナーをいっしょに真面目に探している感じがしたのだ。

もちろん、2人の恋の行方がうまくいきそうな時も本音で詳細を書いていて、読みごたえがあったのは事実。

やはり小説ではない体験者の事実の話は、自分自身へのアドバイスにも繋がる。

この運営者自身、国際結婚をしているのだけれど、国際結婚生活も赤裸々に書いており、大喧嘩をした内容や夫婦関係のことを、人によっては恥ずかしくて言いたくないことも平気で書いていた。

当時、結婚経験のない独身の私にとって、とても参考になった。

今でもブログは残っているのだけれど、何年もブログ更新はされておらず、国際結婚相談所のホームページもなくなっている。

日本の私小説の文化について

日本には私小説文化というものがあり、アメリカでは私小説はあまり評価はされていないみたい。

しかし、リアルな日常を筆者がその時の感情とともに書いていく。

それを読むのを私は好む傾向があった。

過去に様々な著名人の自伝や私小説を読んだのだけれど、私の行きつくところは実際にあった話ほど面白いし、考えさせられた。

自分のことを書くことのできるブログの魅力

私にしても良いことも悪いことも自分をさらけだして書いてしまいたい衝動がある。

不特定多数が閲覧することのできるインターネット上でブログを公開している。

果たしてブログを公開することで、それが良いのか悪いのか分からない。

日々、自分の今まで生きた断片を記録のひとつとしてインターネット上に残しているようで嬉しい。

さいごに、私の文章を書くきっかけについて

私は過去に原因不明の高熱にうなされたことがあり、数ヶ月、寝たきりになったことがあった。

体調の良い日は起きてインターネットの海に沈み、いろんなホームページを眺め、様々な無名の人たちがホームページを作って文章を書いていることを知った。

文章なんて書いたこともなく、小説も自伝や私小説しか興味のなかった私だけど、何か文章を書いてみようと初めて思ったのは25歳の時だった。

時が過ぎて、ベトナム人女性と国際結婚をし、娘のいる中年のおじさんになった。

ずっと毎日文章を書いてきたわけではないのだけれど、こうしてブログで文章を書ける環境にいることは、とてもありがたいことだと思っているし、感謝もしている。

文章を書くのが苦手だった筆者が私小説を書くきっかけになった話

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次