\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

絵の教室に通わせた方がいい!?夢中になってお絵描きする4歳の娘の話

当ページのリンクには広告が含まれています。
絵の教室に通わせた方がいい!?夢中になってお絵描きする4歳の娘の話

私が小学生の頃、漫画らしき絵をノートに描いていた。

どんな内容かは忘れたのだけど(たぶんギャグ漫画)、漫画タイトルだけは覚えている。

漫画タイトルは「ひかる原人」で勉強そっちのけで夢中になって描いていた。

そんな私も今では立派な中年男性となり、5歳のハーフの自閉症スペクトラムの娘がいる。

4歳頃から夢中になってお絵描きするようになった。

私は基本、娘が好きなことすればいいという考えである。

YouTubeやTikTokを観るのもよし、ゲームで遊ぶのもいい。好きなようにさせていたのだ。

娘はスマホのお絵描きアプリで絵を描いて遊ぶ時もあって、時代はアナログよりもデジタルなのかなぁぐらいに思っていた。

娘が自発的に紙とペンを欲しがるようになり、YouTube視聴そっちのけで夢中になってお絵描きを始めた。

飽きることなく描き続ける娘の姿を見た私は、娘と100均のお店に行って、ノートと画用紙、色付きのペンなど、絵を描く道具を買い揃えた。

今の時代、ダイソーやセリア、キャンドゥに何でも揃っている。

紙やペンは娘の手の届くところに常に置いておき、いつでも好きな時間にお絵描きできるようにしたのだ。

絵の教室に通わせた方がいい!?夢中になってお絵描きする4歳の娘の話

娘は定期的に祖父母の家に泊まりに行っているのだけれど、そこでも夢中になって絵を描いていると報告があった。

探せば幼児から通える子供向けの絵画教室はある。

絵画教室で学ぶことによって独学で絵を描き続けるよりも娘にとって得るものはあるかもしれない。

絵画教室に通わせることにより、今以上に表現力、想像力、絵の上達、様々なメリットがあるだろう。

親が無理やり習い事をさせるのではなく、娘が現段階で興味のあることを学ばせるところを親が探して、娘に「絵を描いて勉強するところに通ってみるか?」と聞いてみればいい。

娘が行きたいというのならば、絵画教室に通わせるのもありかと検討している。

娘が夢中になって絵を描いているので、私は娘に絵を描いて収入を得る職業があること。絵を描くのが好きなのならば、好きなことを仕事にすることもできること。4歳の娘に説明した。

現にイラストを仕事(副業)にしたい絵を描くイラストレーターも募集している。

今後、このようなイラスト売り買いのサイトは、娘の成長の過程でどんどん増えていくだろう。

娘が高校生になり、バイト探し候補にイラスト副業も選択肢として増えるかもしれない。

娘が5歳の誕生日となり、保育園で娘の生まれた月の園児たちのお誕生会が開かれた。

娘は「将来、なりたいのは何ですか?」と先生に質問され、「絵描き屋さんになりたい」と答えた。

この先、娘がどのような夢を持ち成長していくのかは分からないのだけれど、今、やりたいことを伸ばす手助けを親としてしていけたらと思っている。

時は流れ、娘の6歳の誕生日にタブレットを購入した。

娘はタブレットを使って絵を描き始めた。

石川パパン

6歳の誕生日用にタブレットを購入したのですが、誕生日前にタブレットを見つけて「すぐ使いたい」と言ってきました。

タブレットで絵を描いている様子は、5歳の時のものとなります。

絵の教室に通わせた方がいい!?夢中になってお絵描きする4歳の娘の話

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WEB小説

カクヨムで『Ishikawa Family国際結婚物語』の私小説を執筆中です。【カクヨム運営の公式レビュー】「聞こえますか、このメッセージ」4選に『Ishikawa Family国際結婚物語』が取り上げられました。

コメント

コメントする

目次